スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -, pookmark

マクドナルド

週末久しぶりにショッピングモールに買い物に出かけた所

何やらDSを掲げている人が大勢集まっている。

そういえばマクドナルドでポケモンの「ジラーチ」やら

何かの体験版やらダウンロードできるんだったな。


でも、どうやら回線が弱いようで皆うまく繋がらないらしく

アクセスポイントの前には何十もの人だかりが。

ちょうど葉も父もDSを持っていたので

人垣から少し離れた場所でちょっとチャレンジ。


「......全然繋がりませんな」

「ボクちょっと近くに行ってやってみる!」


5〜10分後。


「ダメだった」

「また買い物の後で来てみよう」


そして買い物終了。


「うわ! まだいっぱいいるよ」

「また今度、もっと空いてそうなマックに行ってみよう」


で、今日のところは帰ってきたのだが

ふと、うちのワイヤレスでもダウンロードできるんじゃないか?

と思い早速繋いでみると......できた。


「葉、うちでもできたよ」

「え、そうなの」

「ほら」

「じゃ、何でみんなあんなに必死になってたんだろうね」

「体験版のダウンロードは無理みたいだからそっちかもしれん」


でも、小さい子のお父さんもいっぱいいたので

ポケモンの方が多かったのだろうと思う。

一人じゃできないもんな〜、親はいつでも大変だ。

at 15:44, ,

comments(31), trackbacks(0), pookmark

同じ曲

たまに中古のゲームも覗いて

気になるゲームを探したりするのだが

結構購入するのを忘れていたものが安くなっていたりと

宝探し気分で掘り出し物を見つけるのが楽しかったりする。


で、以前から咲が欲しがっていたWii版のたまごっちゲーム

「たまごっちのフリフリ歌劇団!」があったので購入。


リズムゲーのようだが

面白いかどうかは父にはわからない。

まぁ、咲にとっては友達の家で遊んだ事もあるらしいので問題ないようだ。


それから何日かプレイしているようだが

いつ見かけても同じ曲ばかりで遊んでいる。


「たまには違う曲もやってみたら?」

「ううん、いい」


その曲では良い点数も取れていて

ほぼ完璧にマスターしているし他の曲やればいいのに。


「この曲好きなんだ〜」


葉もやらせてもらっているようだが

とっとと全ての曲を終わらせてしまったらしく


「このゲーム曲少ないからもうやる事無くなっちゃった」


とか言っている。

ゲームの遊び方は人それぞれだ。


ちなみに一週間ぐらいずっと同じ曲で遊んでるのだが

咲よ、そろそろ違う曲やったらどうだ?


at 15:10, ,

comments(0), trackbacks(0), pookmark

すきま

DS Liteには、

外側のツヤツヤプラと内側のマットな部分の間に隙間がある。


ゲームをプレイしていると

手に汗握る状態になることもしばしばで

しばらく使っているとこの隙間の部分が汚れてくる。

特にこれからの季節はひどい。


たまってくると結構見た目的にもアレなので

あまりに汚くなってくるとかみさんが


「掃除してやってくれる?」


と言ってくる。


でも細い隙間なので何かで拭くといった事はできない。

そこで、薄くて固めの紙を使い隙間に入れて

お店でレジのカードを通すように

ピーーーっと掃除するのだ。


「こ、このカーブの汚れが...とれんっ!」

「あー、そこ私もキライ」

「大体とれていればいいか」

「そうだねー」


と適当にすませていたりするのだが...

何か良い方法はないものか。

みなさんどうされてます?

at 11:15, ,

comments(0), trackbacks(0), pookmark

コミュニケーション

「お父さんやる?」


やっと葉が「ブレイザードライブ」を返してくれた。

やる? じゃなくてもともと父のだ。


で、プレイ。

あ〜これは面白い。

なれるまではルールに戸惑う事もあるが

久しぶりに当たりゲームだと思った。


[ミスティッカー]というシールを両腕に貼って

パワーアップして戦うカードゲームなのだが

戦略性も高くデッキを組むのも知恵と経験が必要な作りになっている。


「これ入れるといいよ」

「でも、このミスティッカーだとダメじゃない?」


などと親子で悩めるのが楽しい。

あまりに子供向けすぎるゲームだと大人がやると作業になりがちだ。

でも、こういった[考える]事で有利に進めるようになるゲームだと

大人がやっても結構面白い。


「このミスティッカー使った事ある?」

「いや、ないけど良いの?」

「使わないと後半つらいよ」


先にやった子供の方が教える側になっているのがなんだが

そんな事も含めて、うちはゲームがいいコミュニケーションになっている。

at 15:26, ,

comments(0), trackbacks(0), pookmark

認識

タッチペン認識の甘さがイライラすることってありません?


そういったソフトをプレイしていると

認識の仕方があまりにもダメでものすごくイライラする。

特に枠内に文字を書く場面ではなかなか自分の意図した字にならないのだ。


「おとうさ〜ん、コレうまく書けないよ」


自分がやってもてんでダメだったので

DSが壊れたのかと思ったりした。

で、うちにはDSが四台ほどあるので他のものでもやってみたが全部ダメ。


「あ〜こりゃ、ソフトの方がダメなんだな」

「何かイライラするね」


ゲーム自体は面白いのに非常に残念。

作っているときに実機テストしなかった???

やればすぐに気がつきそうなものなのに。


実は葉がせがむので、次回作も不安もあったが買ってみた。

でも、だいたい同じ感じでした。

前作よりはましかなぁ〜といった所。


反応の悪さに悪戦苦闘しながらプレイしている葉に一言


「...細かいところって大事だろ」

「...そうだね」


これでは楽しむはずのゲームが苦痛になってしまう。

操作系統の部分はもう少しがんばってもらいたいと思う。

at 14:19, ,

comments(0), trackbacks(0), pookmark

デコる

子供ってシールとか貼りまくるよな〜。


お約束の「ポケモンデコキャラシール」やら

ゲーム雑誌に付いていた任天堂キャラのお気に入りのもの、

さらにどこで手に入れたんだよっていうものまでワンサカ貼ってある。


うちの子達のDSもご多分に漏れずすごい事になっている。

新しいのを手に入れちゃ前のものを適当に剥がしているので

見た目が結構ボロボロだ。


「これ貼ろう」

「このシール○○ちゃんにもらったの」


なんだか見るたびに変わっているような...。

前のシールの上からでもバシバシ貼るので大変な事になってるぞ。


「おとうちゃんにコレあげる」

「わー、ありがとう(棒読み)」


マリオのワルイージ...

いつも微妙なキャラばっかまわしてくるな。


「おとうはピノキオとかゲッソーが欲しいです」

「それはダメ」


っていうか父の買ってきた本のシールじゃん!


at 11:48, ,

comments(0), trackbacks(0), pookmark

スルー

最近気づいたのだが咲はのんびりゲームだけではなく

わりとアクションゲームも好きらしい。


そういえば昔から「スクリューブレイカー 轟振どりるれろ」をやってたな。

名前のコミカルさとはうらはらに結構難しいゲームで

葉も最後まではクリアできていない。


キャラクターがかわいい絵柄なので咲も手に取ってみたのだと思うが

それはもう本当に難しいのだ。父も結構苦戦した。


「おにいやって」


と、いつもの様にできない所は葉にお願いするのだが


「う〜ん、ここはムリ。おとう〜パス!」


てな感じでこのゲームに関しては華麗にスルー。

で、こっちまで回ってくる事が多い。


「え〜ここ二人ともまだできないの?」


いつもならちょちょいとクリアして咲に返すのだが

今日はずいぶんと久しぶりだったので手こずった。


「まだ〜」

「おとうさんヘタんなったのか」

「う、うるせーい!」


最近アクションゲームをやっていないせいか

どうも腕がなまっているようだ。

これからは親の威厳を見せるためにも

たまには難しいゲームをプレイする必要があるかもしれん。


at 12:27, ,

comments(0), trackbacks(0), pookmark

起動音

てれん〜。


よくわからないと思うがDSの起動音のつもりだ。

わが家では離れた場所にいても、この音を鳴らすと子供達がよってくる。


ドタドタドタ!


「何やってんのー?」


まったく目ざとい、いや耳ざとい。

結構小さい音にしていても気づくというのはなんなのだろう。

常に聞き耳でも立てているのだろうか???


「う〜ん、別にそんな事ないけど」


そうか。

じゃ、ちょっとテストしてみよう。


てれん〜。

ドタドタドタ!


「今度は何やってんのー?」

「いや、何もやってないんだけどね」

「えー?」

「呼び鈴代わりになるかと思って」

「何だ〜」


...以外と便利かもしれない。

at 17:02, ,

comments(0), trackbacks(0), pookmark

修理

「おにいちゃんDS返して!」

「貸して」

「自分の使えばいいじゃん」

「Rボタンが反応しなくなっちゃったんだもん」


...あー、咲のDSは返しなさい。


結構手荒に扱っているせいか

葉のDSのRボタンがお亡くなりになった。

そんな訳で任天堂に修理を依頼する事に。

以前一度、咲のDSも修理に出した事があるので手順は知っている。


1 ネットで申し込み。

2 送るための箱が届く。

3 必要な物を入れて送る。

4 見積もりメールが届く(任意)。

5 なおって帰ってくる。


だったはず。

良く言われている様に任天堂の修理は新品で帰ってくる事がある。

咲の時もそうだった。

液晶保護シールも張り替えて帰ってきた。

これはすごいビックリだった。


ちなみに噂ではシールが張ってあっても

殆どそのままの位置に張り替えて帰ってくるらしい。

葉のDSもペタペタ張ってあるので試してみたい気もするが

手間も掛かるだろうしさすがに剥がしておく事にしよう。


「そのあいだ咲の貸りてもいい?」

「やだっ!」

「やってない時だけでいいから」

「うそだ!!」


また新たな火種ができたようだ。

父のを貸して......いやそれもヤだな。

たまにはゲームの無い生活もいいもんだぞ、葉。

at 11:09, ,

comments(0), trackbacks(0), pookmark

うつり気

あれから数日。

リラックマのゲームが欲しいと言っていた咲が

気が変わったらしくDSの「ジュエルペット」にすると言ってきた。

まだ誕生日まで半月近くあるので変更は全然余裕だ。


そんな訳で、また新たに情報収集を始める父なのだが

思った以上に評判が良さそうでビックリした。

ジャンルは音ゲーで

「ラブ&ベリー」や「太鼓の達人」をプレイした事のある咲なら

すんなり遊べそうな仕様。


ちょっとタッチペンの操作感が気になるが

キャラにおんぶにだっこでは無い分、期待はできる。


「でも、とんがり帽子もいいなぁ」


あの某ゲームに似てるヤツ?


「まめゴマ2でもいいし〜」


...この調子では、前もって購入するのは避けた方がよさそうだ。

やっぱり女の子って、キャラクター物好きなんだな。

個人的に音ゲーで面白いといえば

「押忍! 闘え! 応援団2」だと思うのだが...それじゃイヤがられるか。


at 14:30, ,

comments(0), trackbacks(0), pookmark